映像の制作

Pocket

動画制作 非現実も演出できる

 

1seening 映像の制作は【動画編集】の前の最も大切なところです。

 

【動画制作】は【動画編集】をまとめたモノで、その前に演出を含めた【映像の制作】を経ることになります。

 

・ 動画のオープニングやエンディング

・ 文字情報の付加

・ トラディションによる場面転換(演出)

・ 映像エフェクト

・ シミュレーション効果

・ 変形(色調も含む)

 

【テーマ】や【目的】に合わせてイメージした【映像】を作っていきます。

 

動画の【編集ソフト】では限界がある。

 

優れた無料の編集ソフトも数多く存在しますが、やはり【伝えたい事】を表現するためには限界があります。

 

スマホなどで撮影したモノも、スマホ内で【動画編集】ができるアプリ(ソフト)もありますし、Youtubeに投稿すれば、そこでBGMを付け加えることも出来るので、それなりの【作品】を作り出すことが可能です。

馬

しかし、多くの場合、各素材(要素)の編集できるトラックが少ない為、それ以上の演出や効果を付加する事ができません。

uma_track

厳密に言えば、やる方法はあります。

 

ビートルズが初期の録音の時に用いた方法で、ピンポン録音をする事です。 これと同じようなことが【動画】でも可能です。 ですが、そこまで手を加えるのであれば、廉価な編集ソフトを手に入れた方が、はるかに納得いくものができます。

 

トラック数の制限が無ければ・・もっと自由な表現が出来るようになります。

動画編集ソフト

この例では【テキスト】【ビデオ】【背景】の画像合成と

【馬の鳴き声】【BGM】の音量の調整=ミキシングがされています。

 

ですが【伝えたい事】はが大事なので、ご自分で出来る事以外の事は、studio GALULU にお任せください。

 

動画は30コマ/秒(標準)

動画にすると静止した状態でも30コマ/秒の【静止画の連続再生】がされています。

なので【映像の制作】に入る前に、必ず【素材の質】を把握する必要が出てきます。

 

素材が動画場合は、カメラやスマホの動画解像度が比較的に大きいので、そのまま使用できますが、ロゴや無料で収集された静止画などは、解像度が低く、動画に合わせたサイズにすると、画像自体が拡大されて荒れることが良くあります。

 

荒れてしまう画像自体は、使い方の工夫をすれば無駄にはなりません。

 

それなりに解像度をもった画像でも、動画で表現しようと考えると【加工】が必要になります。 これも一つの【映像の制作】になりうる訳です。

 

静止画像の【加工】で良く使われるのが、透過処理です。

2 3 4 5 6 1

これらの画像も

透過処理

主眼となる被写体の背景を【透過処理】することで画像合成が可能になります。

 

動画でも同じく【クロマキー】というエフェクトを使用して同様の効果を得ることができます。

 

このような作業の積み重ねで【映像の制作】は行われています。

コチラの2枚の画像を見比べてください。

馬

馬

上の画像は【逆光】の状況で撮影したモノをシミュレートしたモノです。

下は、見えにくいので【素材】をそのまま使用しました。(実際の撮影では、レフ版と言われる反射板を使って、陰を消します。)

 

これが宇宙規模だとレフ版は使えません(笑)

地球の向こう側から「太陽」が現れる様子を想像してみてください。

地球の背に太陽があるので、手前からみた地球は黒くなります。

【夜】ってことですね。

 

どちらが【リアル】だとか【見やすい】という問題を別にして非現実的な【映像】を制作することが可能になります。

 

【映像の制作】のまとめ

動画編集ソフトとは別に専用の【映像制作ソフト】があります。Windows版やMac版で販売されています。

上記の画像例は【動画編集ソフト】を使ったもので【ロゴ】クルクルと回したりする【3D】の映像は作れません。(一部、画像切り替え時に使うトラディションでシミュレートされている程度)

専用の【映像制作ソフト】を使って可能になります。

3d

 

また、キャラのイラストや画像があれば、ナレーションに合わせて「しゃべらせる」事も可能です。

%e3%81%97%e3%82%83%e3%81%b9%e3%82%89%e3%81%9b%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%9f

 

基本的に【お任せ】の制作になりますが、SAMPLEがあったり、このようなイメージ・・がありましたら、教えてください。

複雑なモノは【映像制作ソフト】の有料のテンプレートを使用していることがあるので、再現できない場合がありますが、イメージに合わせたニュアンスの映像で制作します。

 

ご一緒に【伝えたい事】を形にしていきましょう。

動画制作ラボ studio GALULU

連絡先

→お問合せはコチラ