Pocket

wiki【テーマ】は主題、話題の意味。

談話の相手にとって何らかの情報がある「既知」のものを指す。

文の与える情報として一番重要な部分として強調したいものは焦点(Focus)と呼ばれ、言語によっては話題と区別しにくいこともあるが、焦点は一般に談話の相手にとって「未知」のものである。


011hana 動画制作ラボ studio GALULU

【動画制作】における【テーマ】は、【話題】と置き換えると判りやすいと思います。

なので、視聴者に判りやすい動画を提供したいと思ったら、どこにFocusを当てて、絞り込むのかを意識することが大切です。

 

【話題を絞る】

 

本に例えると【題名】=【タイトル】も目を引く重要なファクターになりますし。 Youtubeでは【サムネイル】が大きな役割を持っています。

 

【タイトル】と言っても、それだけで全てが伝わるわけではありませんが、本編の全く関係ない「文言」を持ってきても???となって内容が推測できませんから【話題】と共通の【タイトル】をつける必要があります。

 

かと言って「2時間サスペンスドラマ」のように、内容まで推測できるような親切な【タイトル】は必要ありません。

YouTubeのサムネイルに「情報」を詰め込んでも、紹介画像自体が小さいので、文言を読み取れないからです。

 

話題の内容を記するときに 起承転結 を意識しがちですが、動画の場合には複雑になって逆効果になることもあるので、それほど意識する必要はありません。

 

*どこの誰が、何を伝えたいのか、そして何処に連絡すれば良いのか

【インフォマーシャル】の手法を考えれば、コレだけで充分です。

 

なので例をあげると

*企業名など、商品の内容、連絡先

となります。

url

 

多くの場合、内容を充実させたいが為に、色々な情報を詰め込んで

本当は【何に焦点(Focus)をあてて、伝えたかった】のか判らなくなるケースが見られます。

 

動画制作に予算も時間も掛かるので、沢山の情報を入れたい気持ちは判りますが【話題を絞る】事を意識してください。

 

それが【シナリオ】となって【動画の設計図】になります。

 

送って頂く【素材】の一部になりますが、

・ あらすじ

・ 箇条書き

程度で充分です。

 

こうして【頭の整理】をすると、真に【伝えたい事】が鮮明になってきます。

 

各シーン毎〜ストーリーとなると、長文になってPOINTが曖昧になったり、始めと終わりの辻褄が合わないところが出てきたりしても、

【シナリオ校正】をして判りやすくまとめますので、安心してください。

 

 

 

 

動画編集映像制作音響調整

動画制作ラボ studio GALULU

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です